2014年04月10日

授業が命 2

前回の記事で、
テスト対策と受験対策をある程度一元化した
教材を準備しようとここ数年検討してはいるが、
なかなか前へは進んではいない と記した。

本年度、この課題を根本的に解消するために
教材作成に取り組もうと考えている。

その際、これまでの失敗と反省から、一気に
完成させようという意識は持たないでおこうと
考えている。

具体的な方策としては、現時点で2点の案がある。

まず1つ目は、でた!データもんの活用である。
改めて言うまでもなく、でた!データもんに採用
されている問題は入試問題そのものである。これ
を活用して、定期テスト対策プリントとの連携を
図ることは現実味のある方策であろうと思われる。

そして、もう1つは、塾におけるICT授業の開始に
伴うデジタル教材の作成時に、この定期テスト対策
と受験対策の一元化を強く意識することである。

まずはこの2点の具体化から開始していこうと思う。



qa2005 at 18:04│Comments(0)TrackBack(0) 授業が命 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字