2013年05月29日

どれだけ甘かったか

以前の記事にも書いたが、本年度、私は
塾の団体の代表という身分不相応な役を
お引き受けすることになった。

その役をお引き受けしてからというもの
生活は本当に激変した。

しかし・・・である。

当然のことながら、役をお引き受けし、
自塾の運営に支障が出て、塾が衰退する
などというお決まりの失敗は許されない。

だから、踏ん張って、この1ヶ月を過ご
してきた。そして、分かったことがある。

今までの自分の時間の使い方は
恐ろしく甘かったということである。
なぜ、そう言えるか?

それは、激変した日々の中で、これまでの
半分以下の時間しか自分の意志で動かせな
くなったが、なんと!
これまで通りの業務はこなせたという事実
に気づかされたからである。

簡単に言えば、
どんだけタラタラ仕事してたんや
と言うことになる。

役をお引き受けしたことは、
確かにしんどさを受け入れたことになる。
しかし、
その動きが私に新しいエネルギーを与えて
くれていることも事実である。

お引き受けした役も
自塾運営という役も

ともにしっかりとこなしていきたい

そして、今年が自分にとり、
一気に成長していく時期となるように
今回の決断を生かしていきたいと思う

qa2005 at 23:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字