2013年02月12日

テスト前最終授業日に感じること

生徒がテストを受験する前の
最終授業で、残念にも、毎回
感じ続けていること・・・

それは、各生徒の未解決の弱点が
くっきりと認識できたままで、
試験会場に送り出す無念さである。

もちろん完全・完璧に仕上げて
送り出すべきであるという正論を
述べたいのではない。

ちょっとした工夫で解決する弱点、

ちょっとした声掛けで上向きにす
ることができたモチベーション、

ちょっとした準備と仕掛けで、本
人に焦りを感じさせられた現実、

それらにまつわる自分が提供している
サービスの不十分さを痛感している。

その反省の繰り返しの中で、今確信
していることの1つが・・・

現実をリアルに目の当たりにできる
環境作りである。

私も生徒も、常にリアルに成績の
推移を自覚できる環境を構築したい

もちろん、提示方法には
生徒が前向きになれる仕組みを
組み込んだリアル提示でなければ
ならないのは言うまでもない


qa2005 at 23:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字