生徒へのインプットと生徒のアウトプット4月2日~4日はお休みさせて頂きます

2012年03月30日

生徒へのインプットと生徒のアウトプット 2

昨日の記事で、生徒へのインプットと
生徒のアウトプットのバランスについて
少し触れた。そして、私自身がこの問題
について、あまり深く考えてはこなかった
という反省も述べた。

具体的に述べると、こうだ。

私たち塾人は、できるならば少しでも
多くの情報を与えたいと思う習性を
もつ者が多いと思う。
しかしながら、個々の性格に差異が
あるように、個々人の情報に関する
キャパには差があることは言うまでも
ない。つまり、個々人に合わせた情報
提供量を見極めることが重要なのである。

もちろん、ここまでの文脈に則した考えは
私もある程度は考慮してきたし、それは
当たり前のレベルであろう。

しかし、今私が考えている問題点は、その
提供する情報の種別ごとの割合なのである。

つまり、同じ一定量の情報を提供するにしても、
生徒のインプットに対するアウトプットできる量
の個人差を考慮していく必要があるのではない
かという視点である。

これは、まさに自分自身が今悩んでいる問題

【インプットが多く、アウトプットが少ない】

この悩みから生まれた疑問点なのである

qa2005 at 18:56│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
生徒へのインプットと生徒のアウトプット4月2日~4日はお休みさせて頂きます