タスク管理能力倍増への挑戦 20塾人社の広報

2012年03月26日

タスク管理能力倍増への挑戦 21

前回の記事で私はすべての業務を
記録することにした結果、得るものが
多くあったと記した。

具体的には2つである。

その一つは、恥ずかしい話であるが
記録すると決めた場合の方が、単純に
頑張るということ。言い換えれば、少し
無理をしてさぼらなくなるということである。

不思議なもので、カレンダーに記録した
データを誰かに見せる訳ではないのに
記録すると決めてから、何かしらの意識が
働き、さぼる時間が減った。
ここで大事なことは、さぼってる時間を
絶対にごまかさずに記録するというルール
を守ることである
このことにより、今まで何回もチャレンジを
して挫折してきた業務記録が継続できる
ようになったのである。つまり、さぼったら
さぼったと書けばいいと割り切れるように
なったことで、少し気持ちが楽になったのだ

続く

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
タスク管理能力倍増への挑戦 20塾人社の広報