2011年12月

2011年12月16日

タスク管理能力倍増への挑戦 4

次に二つ目の決まりごとは、
タスクの内容を階層化して
出来る限り細分化していくと
いうことである

これは、例えば、タスクリストに
入試計算対策という漠然とした
目標を加えることで気持ち的に
満足しないためである

多くの場合、タスクリストを作成
する時は、前向きな気持ちの時が
私の場合は多い。
だから、夢物語的な理想ばかりが
プランとしてどんどん浮かんできて
それをメモすることとなる

しかし、問題なのは、そのプランを
実行に移すために必要なタスクを
細部まで検討しきることはほとんど
なく、まるで青年の主張みたいな
気恥ずかしいメモが、200枚以上
積み上げられているのが現状だ

だから、どうしても改善しなくては
いけないことは

【タスクは階層化し、15分以内で
処理できる単位まで細分化する】
というルールが必要となるのである

続く


2011年12月15日

タスク管理能力倍増への挑戦 3

さて、タスクをすべて記録するには
2つの決まりごとが必要となる。

まず一つ目の決まりごとは
絶対に例外なしにすべて記録する
というルールを自分に課すことだ

私はこれまでも色々な工夫を重ねて
タスク管理能力を高めようと努力は
してきたが、すべて失敗に終わった

その理由は、もちろん多岐にわたるが
重大な失敗理由の一つに、

【記録したり、しなかったり】という
理由が挙げられる


つまり、タスクを一覧して整理し
優先順位をつけるはずの手帳なり
システム手帳なり、エクセルの表なり
スマートフォンのソフトであるはずな
のに、結局はそれだけを見るのでは
抜けているタスクがあるのである

さらに、厄介なことに、これまでの私は
ある時期のタスクについては相当な
レベルまで詳細に記録しているにも
関らず、ある時期においてはほとんど
記録していないという現状があった。

だから、結局は役に立たないことに
なり、そのことが目の前のメモに
走り書きすることで済ますことに
つながっていたのである


続く

タスク管理能力倍増への挑戦 2

さて、タスク管理能力を伸ばしていく上で
まず私が始めることは・・・

タスクをすべて記録することだ

なんと当り前のことを!と
思われことであろうが
実はこれがなかなか難しいのである

それは、なぜか?

すべてのタスクをという部分に
実は大きな壁があるからである

私たちは手帳なりノートやメモに
自分のすべきことをよく書き留める
もちろんスマートフォンや携帯でもいい

しかしながら、この場合、自分的には
すべきことを列挙したつもりであるが
実は膨大なタスクのごく一部だけを
およそ思いつきで書き留めただけなのである

つまりタスクの全体像は、一度も
確認しないまま処理をしている訳で
最初からゴールが存在しない事務レースに
参戦しているようなものなのだ

そこには、優先順位の判断もなければ
書き留めていないタスクの存在に対する
心の準備もないのである

だから、最初から事務レースには
勝てる訳はなく、いつまでたっても
ドタバタと追われまくる日々を、私は
27年間続けざるをえなかったのである

では、すべてを記録する仕組みを
どう構築するかということが
次の課題になるのであるが、それは・・・

続く






2011年12月13日

すみません

本日携帯が故障し、夕刻まで
ブログなどの配信もできず
本日の更新ができませんでした

その後も、メール処理などに
追われ本日分の更新については
不可能な状態となりました

申し訳ありません


qa2005 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月12日

タスク管理能力倍増への挑戦 1

本日より、社会人となってから
これまでの間に積み上げてきた
仕事の処理方法や、考え方を
一度すべて捨てることに取り組む

それは、ある意味において、自分の
社会人人生の否定につながることで
あるが、次のステージに進めるので
あれば、それほど悲観的なことでは
ないと私は考えている

なんとなく当たり前になっていること
なんとなく頑固になっていること
検証もせず正しいと思いこんでること

そのような自分自身の仕事スタイルを
理屈も感情も可能な限り抜いて
まずは捨てていくという方針で
この課題に挑戦していきたいと思う

私の考えるイメージ、それは

決して消極的な自己否定ではなく
自分への愛情にあふれた自己否定であり
確実に夢につながる自己否定となるように
一歩一歩取り組んでいくというイメージだ



●●●

まずの取り組みは
タスクリスト作成に取り組む
明日以降、その具体的な考え方と
実行内容をアップしていく予定だ