2011年01月

2011年01月31日

塾人社のリアル店舗を 4

本日から、実際にQ&A
にて開塾する塾人社の
リアル店舗について説明
を進めていきたい

まずQ&Aでは、通常の
クラス一斉指導の授業が
用意されている
これは各学年とも、週2
回で、2時間10分の
授業となっている

ちなみに、Q&Aは昨年
より中学2・3年生のみ
お預かりする塾に形態を
移行しており、本年度が
その形態で初の2年生を
迎える年度となる

これは多くの塾が現在
進めている多学年募集と
いう拡大路線とは異なる
方針を打ち出したものだ

可能な限り短い通塾年度
により、保護者負担を
押さえること
さらには、短期集中型で
成果を上げることを
可能とする指導の提供

これが当塾の目指す指導
の方向性である

さて塾人社のリアル店舗
であるが、上記の時間帯
以外の枠組みに16枠を
用意する予定だ

全ての枠は1時間枠で
基本的にはどの枠を選ん
でもよいこととしている

そして利用者は、利用
希望日の前日までに
メールにて予約すれば
定員を超えない限り、
いつでも利用可能となる

続く

qa2005 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 目指すもの 

2011年01月28日

ほとんど2日間・・・

合宿前から

今までほとんどずっと

今後の運営について

考えている




現状維持から抜け出すのは



現状維持では、じり貧だと

理解していても・・・


相当な勇気が必要だ



最後の検証の時間を

もう少しだけ

もう少しだけ






来週から

リアル店舗の説明を

開始致します










qa2005 at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 目指すもの 

2011年01月27日

自問自答は終わった

本日までの合宿にて

プリント学習の塾を

春より開塾することを決めた


塾人社もQ&Aも、ともに

命運をかけた挑戦となる


失敗すれば

倒産しかない



考え抜くこと

実行し尽くすこと

ぶれないこと


この3点のみにこだわり

頑張り抜きたい


むろん時間の猶予はない

1年限りの戦いになる


ホテル合宿も

もう当面は実施しない

静かに自分を見つめ

自問自答する環境は

もう必要ない



決めたことを

実行に移す段階では

どれだけ事務所にて

地味な継続作業を

我慢できるかのみが

勝敗を決するのだから



qa2005 at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 目指すもの 

2011年01月26日

塾人社のリアル店舗を 3

リアル店舗を用意することの

2番目の理由であるが

自学可能率の調査である



つまり、プリントと詳解

を配布するだけで、

どの程度までは自学で

処理可能なのかを、実際

目の前の生徒の様子から

確認していく訳である


どの程度の理解があれば

どのプリントは自学でき


どの種類のプリントは

初期の段階では向かない

ものなのかなど


1つ1つのプリントの

適性を確認し、必要な

修正は即座に対応して

いく


その繰り返しの蓄積が

誰にも相談できない

WEB塾生に適した自学

教材を育てていくのだと

私は考えている


では・・・

実際にリアル店舗は

どのような形式で開塾を

するつもりなのかを

次回から記していきたい



現在、一人合宿中

京都のホテルにて

缶詰状態で追い込み中

qa2005 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 目指すもの 

2011年01月25日

塾人社のリアル店舗を 2

昨日に引き続き、私が
考えるリアル店舗とは
どのようなものか
説明を続けていきたい


塾人社の主たるサービスは
自学プリントである


この自学プリント作成に

おける留意点は、

読むだけである程度まで

理解できる詳解を用意し

利用者に満足感を感じて

もらえる教材に仕上げる

ことである



しかしながら、実際に

利用者が必要とする条件

を満たしているかは

WEB塾の場合には正確

には把握できない


そこで、私の場合は実際に

運営しているQ&Aにて

その目標の達成度を確認

することにしているが、

実は、問題点がある


それは、通常の塾の指導

上での利用は、純粋な

自学利用ではない点だ


つまり、利用者が自らの

意志で、次!次!という

気持ちを持てるような

自学プリントであるかが

判断できないのだ


そこで

自学の意欲を高めるために

自学教材に必要な要素は

何であるかという検討を

日常的に継続して行う場

として・・・


私はリアル店舗が必要で

あると考えている


これがリアル店舗を開塾
する1つ目の理由である











qa2005 at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 目指すもの